スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両肩が五十肩で、坐骨周辺、太腿、膝が痛い(その4)

院長の中川です。

前回の続きです。
これもひどい痛みを持った不調者さんのひとつの典型で、気持ちが痛みに負けていて、物事を前向きに捉えられず、常にマイナス思考になるのです。
「10」の痛みが、「8」になっても、「6」になっても、「4」になっても「まだ痛い」なのです。
良くなった点には、意識は行かず、常に「まだ痛い」と、マイナス方向にばかり意識が行ってしまいます。そして「本当に治るのだろうか」と不安になるわけです。

これがプラスの方向に意識が向き出すと「ここの痛みは和らいだ」「こんなことができるようになった」と良い変化に気づき始め、回復もどんどん進むようになります。それがまた更に、新しい自信になっていくのです。
この仕事をやっていて、本当にメンタル面の効果は大きいなーと感じます。人間はやはり希望を持たなければ、生きていけない生き物だとつくづく思います。

そして12回目で、初めてうつ伏せになることが出来る様になりました。
そしてうつ伏せから立ち上がることも出来るようになりました。
更に、座位の状態でも後ろに倒れないようになっていました。
これは、大変な変化なのです。
何しろこの方は座位の状態では、背中側に徐々に重心が移っていき、そのまま後ろに倒れてしまっていたのですから…。
そして、一度倒れたらなかなか起き上がれなかったからです。
ご本人の言葉で表現すれば「ゴキブリが裏返しになってもがくように、大変でした」です。誰も助けてくれない、一人住まいのこの方にとっては、本当に不安なことだったはずです。
これで、またひとつQOL(quality of life=生活の質)が改善されたことになります。
スポンサーサイト

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

整体の達人

Author:整体の達人
「整体の達人」奮戦記へ、ようこそ!
このブログは「からだ回復整体いいづか」の公式ブログです。

・からだ回復整体いいづか
・福岡県飯塚市西徳前9-20
・tel 0948-29-6446
・hp http://kaifukuseitai.shakunage.net

管理人は「整体の達人」こと院長の中川 芳規(なかがわ よしき)です。
ここでは毎日の暮らしの中でのからだと健康を中心に考えていきます。

アフリエイトの案内
ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。